[教職員紹介]大間 麻代 先生

大間 麻代 先生

高田馬場校
日本語教師

日本語教師になったきっかけを教えていただけますか?
中学生のときに出会ったアメリカ人の先生(ALT)がきっかけです。その先生に出会い、言葉が通じることの楽しさや異国の文化を知ることの楽しさを学びました。かつて私がそうだったように、今度は教師として学習者の役にたちたいと思い、日本語教師になることを決めました。
日本語を教えることの喜びや、楽しいと思うこと。生徒達とのエピソードを教えてください。
目標に向かって頑張っている学生の手助けができることにやりがいを感じます。学生が志望校に合格したときは本当に嬉しいです。
オンライン授業の良さ、オンライン授業を受ける中で日本語力を最大限に伸ばすコツがありましたら、教えてください。
オンライン授業の良さは何といっても自国や自宅にいながら、授業を受けられる点だと思います。また、日本語能力を最大限に伸ばすコツは誘惑に負けず、集中して授業に取り組むことです。ただ授業を聞くだけ、問題に答えるだけではなく根拠を考えながらどうしてその答えになるのかなど考えることが大切だと感じます。
(対面授業とは違って)オンライン授業で工夫していることや心掛けていることは何ですか。
学生全員に話す機会を与えるように心掛けています。ペアでの会話やグループワークを取り入れ、オンライン授業でもたくさん発話できる環境をつくることを意識しています。
オンライン授業を行う中で、予想外のハプニングなどありましたらお教えください。
大きなハプニングはありませんが、学生の名前を呼ぶ際、学生は音だけで判断しなければならないので指名した学生と異なる学生が答えることがあります。例えば「ハンさん」「カンさん」は同じ音に聞こえるようです。
最後これからオンライン授業を受ける、または考えている方へメッセージをお願いします。
オンライン授業はネット環境さえあればメリットが多い学習方法です。皆さんと一緒に授業ができることを楽しみにしています。夢を叶えるために一緒に頑張りましょう!

top