[教職員紹介]関根 真奈美 先生

関根 真奈美 先生

京都校
教務主任

先生が日本語教師をはじめたのはいつからですか。
私は大学を卒業してからずっと日本語教師をしています。大学では日本語教員養成コースを専攻していました。
普段はどんな授業を心がけていますか?
日本語学校では、基本的に「直接法」という指導法を用いて授業をします。これは外国語の教授法の一つで、学習者の母国語による説明を使わず、外国語による説明だけで教える方法です。

普段は初級から上級まで、日本語だけを使って授業を行っています。しかし、初級のクラスには日本語があまりできない学生もいるので、言葉がかなり制限されてしまいます。

そこで、初級のクラスではたくさんの絵カードや写真を活用し、動作やジェスチャーを交えて授業をします。昔、大学の先生に「日本語の先生は女優だから」と言われたことがありますが、気持ちや状況を分からせるために、本当に汗だくになるくらい、大げさに演じて見せたりしています。

まずは、学生たちに「日本語の授業に行きたい」と思ってもらえるように、楽しく学べる環境を心がけています。

中級~上級のクラスの学生たちには、日本のニュースや時事問題、今流行っていること、旅行先、アルバイト先で困ったときの対処法など、日本で生活する上で必要となる豆知識を紹介するようにしています。留学生が日本の社会で困らないように支援したいという気持ちが強いので、授業ではこのような工夫をしています。

学生たちには、言葉だけではなくて、「日本の文化」や「日本人の考え方」など、これから日本で生活していく上で困らないように、さまざまな知識を身につけてほしいと考えています。
どのように進路指導を行っていますか?
自分で志望校や専攻分野などを決めさせるために、「どうして? どうして?」と何度も掘り下げるような質問をし、一人ひとりにじっくりと考えさせる時間を与えています。
また、進学希望者には必ず一校だけではなく、2校、3校、オープンキャンパスに直接行くようにすすめています。

オープンキャンパスは、学校の先生と話したり、在校生から授業の内容を聞いたりすることができる貴重な機会です。その学校が自分に合うかどうかを自分でしっかりと判断できるというメリットがあるので、学生たちには積極的に参加してほしいですね。
最後に、留学生たちへメッセージをお願いします!
頑張る気持ちも大事ですが、日本での留学生活を楽しむ気持ちもとても大切です。
日本語の勉強だけでなく、日本で是非いろいろな異文化体験をしてください。

top