[教職員紹介]鈴木 千恵 先生

鈴木 千恵 先生

高田馬場校
日本語教師

日本語教師になろうと思ったのはいつですか?またその理由を教えてください。
確か2010年頃です。前職からの転職を考えている時期で、日本でも海外でも活躍できるような仕事がしたいと思い、選んだのが日本語教師です。
担当している授業の内容を教えてください。
初級から上級までの全てのレベルを教えています。
日本語を教えていて、楽しいと思うこと、また難しいと思うことは何ですか?
学生が授業で導入した文型を使って話しているのを見た時や、日本での就職、進学試験に合格したと聞いた時が1番うれしいです。
難しいと感じることは、授業で文型を導入した時、学生の顔に「?」が浮かんでいる時です。言い方を変えてもなかなか伝わらなくて、そのたびに「日本語で日本語を教えるって難しい」と感じます。
学生と接する上で大切にしていることは何ですか?
笑顔で元気に親しみやすいと思ってもらえるように接しています。
「怒る」のではなく「叱る」…ができればいいんですが、これはなかなか難しいです。
他の日本語学校にはない、ISI日本語学校の魅力って何でしょうか?
多国籍な点だと思います。
留学生が日本語を学ぶとき、一番重要だと思うことは何ですか?
アニメやマンガなど、日本の文化が好きだということだと思います。
ISIにも、いわゆるアニメオタク、ゲームオタクがたくさんいますが、普段から日本語に触れているので本当にいろいろな日本語を知っています。若者言葉やネットスラングは私が教えてもらう立場です。「好きこそものの上手なれ」って本当だなぁと、日々感じています。
どのような学生に入学してほしいと思いますか?
積極的に日本語や日本文化を体験したい学生です。
最後に留学生たちへ一言
留学するだけでは自分の世界は広がりません。留学して、その国や、出会う人々を受け入れることで、新しい世界が開けると思います。積極的に、新しい出会いや発見を楽しんでください。

top