[教職員紹介]岩間 宏樹 先生

岩間 宏樹 先生

長野校
日本語教師

日本語教師になろうと思ったのはいつですか?またその理由を教えてください。
長野校に就職するまで他会社でサービス業をしていたのですが、そこでは日常的にさまざまな国の方々との交流がありました。言葉や文化について自分なりに理解していくことで、異文化の壁を乗り越え、スムーズに接客ができるようになりました。こうした経験を活かしていくこと、また教育の面でも日本と他国との橋渡しやなかなか思うように学習が進まない生徒の手助けができることを夢として持っていたので、長野校の日本語教師養成コース(2年通学制)を経て日本語教師になりました。
担当している授業の内容を教えてください。
2つのクラス担任しており、将来日本で介護職に就職を希望している学生のクラスを担当しています。クラスは中級クラスで、生徒たちは日本語能力試験N3やN2を目指して頑張っています。
普段はどんな授業を心がけていますか?
どうすれば生徒の学習に対するモチベーションを持続させつつ日常生活で必要な言語知識を理解・定着できるかを考えることを心がけています。国が違えば、文化も学習背景も違うので好みの学習方法や学習意識、それまでの学習の定着度合も当然、千差万別です。さらに限られた時間内で記述力・会話力・聴解力・読解力を総合して強化していかなければなりませんし、日本語能力試験にも合格できなければなりません。そこで最もキーポイントとなるのは「やる気と学習動機(目標)」です。そこはどのようなときでも大切にしていかなければと常に意識しています。
長野校にはどのような留学目的を持った学生が学んでいますか?
私のクラスの生徒に限れば、将来、日本で介護士になる夢を持って学習に励んでいる学生、他には大学進学を希望していたり、他の専門学校への進学、NBL専門学科への進学、そして就職を希望していたりさまざまです。分野は介護の他にはIT系、ホテル系(サービス・接客)などです。他のクラスの情報では通訳などに憧れている学生もいます。
長野校ならではの授業をご紹介ください。
日本語学科では、基本的な挨拶から、日常会話、作文などの記述まで広く日本語力を養うため、また日本文化や習慣、考え方など担当教員の教え方の偏りを解消するため、1クラスに対して複数人でチームティーチングを行っています。
長野校には専門学科もありますが、そこでは多国籍のクラスであるということもあり、英語・中国語・日本語・ベトナム語の通訳、更には異文化の理解を深める授業もあります。
学生と接する上で大切にしていることは何ですか?
1. 生徒の出身国の文化・習慣がものの考え方のベースとなっていること、それに対する尊重。
2. 海外へ初めて来たのが日本という生徒も多く、さまざまな不安を抱えているので特にその日その日の心理状態を把握することと努力について褒めること。
3. 生徒の間違えなどを正す際に少なからずプライドもあるのでそれらに対しても注意すること。
以上、大きくこれら3つについて大切にしています。
最後に留学生たちへ一言
日本はどんな国でしょうか?日本人の考え方や常識、文化、習慣を受け入れられることもあれば、なかなか馴染めないこともあって当然だと思います。加えて10代後半~20代の学生が中心であれば、将来の夢を模索している方、目標はあっても心配な方、それ以前に大人になって自立していくこと自体に不安がある方と様々でしょう。しかし何があっても簡単にあきらめないでください。大切なのは今の自分の選択に対して将来の自分が納得できるかどうかだと思います。もちろん、失敗もあります。というか、失敗の方が多いのが普通だと思うのです。それでも、あきらめず納得するまで自分の将来像について考え抜いてください。全力で応援・サポートいたします。

top