[学生インタビュー]Mattis Alfred Mikael Grahmさん

Mattis Alfred Mikael Grahmsannさん

スウェーデン出身
高田馬場校 / 中級 II-5

日本に留学しようと思ったのはなぜですか?
私は休暇で日本に何度か訪れたことがあり、日本の様々なものを楽しんでいます。例えば、食や音楽、そしてゲームやアニメなどのオタク的なものです。早くから日本語を勉強していて基礎はもともとありましたが、もっと日本語の勉強に没頭したいと思い、一大決心をし日本へやってきました。
ISIに入学して良かったと思うことは何ですか?
間違いなく、日本に来れたことが一番嬉しいことです。そして、私の日本語力も日に日に上達しています。私は、熱心に、思いやりある先生たちと勉強できることを幸せに思います。また、JLPTを受験したかったので、JLPT向けのクラスがあるのも良かったです(おかげで合格しました)。
あなたの将来の夢を教えてください。
教科書通りの答えかもしれませんが、日本と世界、特に私の場合はスウェーデンですが、その繋がりをもっと強くしたいと思っています。お互い学びあえる文化が沢山ありますが、言葉で言うだけではこの夢は叶いません。お互いの文化を通して舵取りができる人々や、両国からの人々を巻き込んでの真のプロジェクトが必要です。このようなプロジェクトを実現させたいと思っています。
これからISIで学びたいと考えている人たちにメッセージをお願いします。
留学という冒険にチャレンジしにくい状況はたくさんあります。例えば、私のように20代後半で、年齢が留学を躊躇させる理由だとすれば、それは絶対にやめてください。大人として何年か自立した生活をしていた経験が、日本への移住を後押ししてくれます。私は人生のこのタイミングで留学をしたことは今でも良かったと思っています。

top