教育方針

教育目標

  • 実践的で確かな日本語能力および高いコミュニケーション能力の育成
  • 異なる価値観を尊重し理解できる国際力と多文化共生力の育成
  • 国際社会で活躍できる人間力溢れるグローバル人材の育成

ISI グループは、本校の理念・教育目標・規則を理解し、これからのグローバル社会で広く活躍したいという夢を持ち、そのために必要な基礎学力と学習意欲を有する人材を求めます。

  • 日本語のみならず日本文化・日本社会に興味を持ち深く学びたい人
  • 将来、国際社会の一員としてグローバルな視点を持ち国際的な舞台で活躍したい人
  • 目標(目的)達成のために、実践的な日本語能力の習得に強い意欲を持つ人
  • 社会、地域、学校のコミュニティーの一員として、異なる価値観、文化、習慣を理解しようとする人

教育内容

  1. 言語行動(「聞く」「読む」「話す」「書く」の4 技能)と言語知識(「語彙」「文法」)を体系的に学ぶ
  2. 体系的な基礎学習に加え、最新の教育メソッドも取り入れた多彩な授業
  3. 日本語能力検定、日本留学試験など目的に合わせた検定試験対策の授業
  4. 習得レベルを判断するための到達度テスト(会話含む)の実施
  5. 国際力(日本文化理解、多文化共生など)と人間力(問題解決能力、創造力など)を日本語学習を通して身につける
  6. 進学指導・キャリアカウンセリングを通した手厚い進路支援

教育方法

  1. コミュニケーション力向上を意識したクラス授業
  2. 学習成果を向上させるためアクティブラーニング、ICT 教育等の実践
  3. 授業連動型の校外学習の実施
  4. 多様な教育研修を受けた講師陣による魅力ある授業の提供
  5. 異文化理解を深めるための多国籍環境の提供
  6. 年間計画に沿った進路指導の実施と説明会・セミナーなど進路イベントの開催

学習成果 ~育成すべき能力~

  1. 日本の高等教育機関や企業で通用する実践的な日本語コミュニケーション能力
  2. 日本文化および異文化を理解する国際力と多文化共生力
  3. 主体性・実践力・問題解決能力など、総合的に社会で活かせる人間力

評価

  1. 本校がシラバスに定めた評価基準に基づいた評価
  2. 所定の課程を修め、卒業(修了)の認定

卒業の条件は、以下のとおりである。

  • 留学ビザで1 年3 ヵ月以上のコースを修了し、コース満了の3 月まで在籍していること
  • 累計出席率が80% 以上であること
  • 最終在籍クラスにおける総合成績評価がC以上であること

所定のコースを通して、下記の能力を習得した者。

  • 社会のニーズに応える高い日本語コミュニケーション力
  • 多様性・柔軟性ある確かな国際力
  • 国際社会で活躍できる人間力

top